澤井農場

 


TOKYO X について
 



 

幻の豚肉「TOKYO X」

 

TOKYO Xは東京都の畜産試験場が育種したまったく新しいタイプの豚です。

TOKYO Xの名前の由来は、
美味しい肉質の豚をかけあわせるクロス(交雑)の意味と、
未知の可能性を秘めているという意味での「X」を表現しています。

 

TOKYO X とは

TOKYO X とは

 

東京都畜産試験場で脂肪の質と風味がよい「北京黒豚」、
なめらかな肉質で味わい深い「バークシャー」、
脂肪交雑(さし)の入る「デュロック」の3品種の長所を取り込んで改良された豚で、
平成9年7月に日本種豚登録協会に「トウキョウ X」と認定されました。
毛色は黒、茶、茶に黒のブチなどいろいろですが、れっきとした純血種です。

組合の飼育基準に基づき、出荷前の3ヶ月間は、
指定飼料(非遺伝子組み換え穀物で、動物性たんぱく不使用など、安全で肉質の良さを引き出すために開発)を与え、
一般の豚より1ヶ月長い7ヶ月間じっくり育てた後、約115kgで出荷しています。

生産効率や経済性よりも、風味を優先して改良されたため、
1度に約7頭(一般の豚は10~12頭)しか出産しないなど生産頭数に限度があります。
出荷数を増やすため関東近県にも飼育をお願いしていますが、供給が追い付かないのが現状です。

TOKYO Xは一頭ごとに耳標着けて生産・出荷され、
生産者や加工処理場などが記載された「TOKYO X 証明書」が添付されます。
販売取り扱いは、「TOKYO X‐Association」による登録制で、
類似品などが出ないように厳しい管理がされており、現在は都内だけの限定販売をしています。

 

安心、安全、おいしい

安心、安全、おいしい

 

その特質は脂肪の質です。
おいしさのカギとなる筋肉内脂肪(IMF)は5%と通常の豚より極めて高く、
さらに疲労回復、リラックス効果のあるビタミンB1も1.5mg/100gと通常の豚の倍以上、 
その上脂肪の融点は通常の豚や黒豚よりも低い30.9℃なので、口の中でとろける食感が得られます。
上品な香りとさっぱりとした脂肪、ほどよい柔らかさの美味しい豚肉です。

TOKYO Xの生産においては安全性など以下のコンセプトを大事にしています。

 

安心、安全、おいしい

 

 

■TOKYO Xの生産コンセプト

安全性 (Safety) 指定飼料期間は抗生物質の添加も予防的な投薬もしません。
防疫に関しては子豚の頃にワクチンを使用し、また、東京都家畜衛生保健所の定期検査が行われています。
生命力学 (Biotics) 指定飼料は、ポストハーベストフリーで遺伝子組み換えのないトウモロコシと遺伝子組み換えのない大豆粕
など入手可能な限りの安全な飼料を使っています。魚粉などの動物性飼料を使用していません。
動物福祉 (Animal welfare) 動物福祉を考えて、豚にストレスを与えないように十分なスペースと開放的な施設で飼い、健康な豚に育つように配慮しています。
品質 (Quality) 生産効率優先の品種ではない事を念頭に、生産マニュアルに従い出荷日齢や体重などを遵守するとともに、上記3つのコンセプトを守り生産者組織で常に研究し品質の向上と維持に努めています。

 

TOKYO X 連絡会議

TOKYO X 連絡会議

 

TOKYO Xを生産する都内の農家が集まって「東京都高品質系統豚生産出荷組合」という組織をつくり、各種の事業を行っています。

目的は「東京都畜産試験場が造成した高品質系統豚を、トウキョウX生産マニュアルに基づき統一的に生産し、販売を共同化することで、東京都高品質肉豚の銘柄化を確立する」事です。

現在都内の生産農家は15名ですが、15名がどんなに頑張っても生産量は限られています。
そこで、都内産の雌豚を種豚として都外の養豚農家に出し、その母豚から生まれたTOKYO Xを東京に戻し同じ流通に乗せる事業をしています。

TOKYO Xは都民のみなさんへより安全で美味しい豚肉をお届けするために開発されました。しかし、都内の農家だけでは生産が限られているため1200万都民みなさんにお届けすることは出来ません。

そこで、TOKYO Xの生産流通の趣旨に理解協力をいただける都外の農家の方に生産委託をしています。

都外の農家の方とは生産されたTOKYO Xが他に流通しないように協議書を結んでいただいています。現在、長野県(2名)山梨県(2名)静岡県(1名)群馬県(1社)茨城県(5名)の方が参加されています。  

会の目的は、東京都畜産試験場が造成した「トウキョウX」をもとに、東京都高品質系統豚生産出荷組合及び協議書に基づき、統一的な高品質肉豚の生産とその販売の共同化を行うことにより、TOKYO Xの銘柄化確立を目的とする。

さらに、TOKYO X-Assoshiationとの連携により、TOKYO Xの普及・消費拡大を目指し、相乗効果を上げることを目的とする。となっています。